聖徒タイムズ 令和4年のタイムズ

聖徒タイムズ第691号(令和4年7月1日(金)発行)

聖徒の使命を自覚し正しい信仰を誓う PDFにて閲覧できます 聖徒代表「誓いの言葉」 お題目信仰により 原因不明の病が回復 ご恩に報いるため 四誓願の実践を 日蓮宗聖徒団第57回全国結集身延大会感想文 参加聖徒団と初参加の声! 鳥取県解脱寺 30年ぶりの身延に感激! 岡山県蓮現寺 10名の聖徒が参拝聖地で浄まる身と心 岡山県妙應寺 12月相伝後で初参加感銘を受ける聖徒も 日蓮宗聖徒団第57回全国結集身延大会 日蓮大聖人報恩「奉讃のぼり」旗奉納者一覧 順不同 聖徒団ニュース各地より 青森県 花まつり ー 釈尊 ...

続きを読む

紙上法話

苦悩に寄り添う 法華経・お題目のおちから

倶生霊神と施餓鬼供養 私がお守りさせていただいている長崎県妙寿寺では、毎朝六時から御信者様と一緒にお勤めをいたします。お勤めが終わると今度は車で15分のところに法宣寺というお寺がございます。そこでも代務住職として毎朝の勤行を行いますが、自坊と同じように熱心なお檀家さまが毎朝一緒にお勤めをいたします。  5年ほど前になりますが、その日もいつものようにお勤めが終わり自坊に戻った頃、代務先のお檀家さまから電話がかかってきました。  「実は私の妹の旦那が脳梗塞で倒れて集中治療室で治療を受けているのですが、病状が重 ...

続きを読む

聖徒団信仰Q&A

聖徒団信仰Q&A〈第13回〉「充霊法華三昧法」

質問ちゃん問  聖徒団の唱題行について教えてください。(山梨県40代女性) お答え上人答 祈りで肝心なことの一つは精神の集中です。読経・唱題は、馴れるほど雑念が入りやすくなります。創祖行道院日煌聖人は、唱題修行において、余念を排除し、一意専心する方法として、充霊法華三昧法を考案されました。 充霊法華三昧法を修すれば、短時間で容易に法華三昧の境地を得られます。即ち、心の奥にある九識が働き始めるのです(=充霊)。 充霊法華三昧法は、三種の手振り(清めの手、納めの手、捧げの手)をしながら唱題します。どれほど長く ...

続きを読む

令和4年の月訓 首導月訓

首導月訓(令和4年7月)

◆釈尊滅後の原始仏教の思想は、諸法無我の空の理に融け込み、業から解放され、再び人間に生まれて来ないようにすることを修行の目的とした。言うなれば、迂曲した人類絶滅運動を展開したのであった。 ◆このような思想が仏陀釈尊の理想であるはずがないとするのが大乗仏教の考え方である。自然、原始仏教の担い手である声聞・縁覚の二乗を排斥することとなった。 ◆しかし、釈尊こそ最初に空の理を証したお方であり、全ての人間の執着迷妄を断じつくして、解脱者となられたお方であるということは、動かし難い事実であった。仏陀とは、人間の苦因 ...

続きを読む

今月の法話 令和4年の法話

今月の法話(令和4年7月)

  されば重(かさね)て経文(きょうもん)を勘(かんがえ)て我身(わがみ)にあてゝ身(み)の失(とが)をしるべし。   『開目鈔』文永9年2月。聖祖51歳(55頁) 経文(きょうもん)を勘(かんがえ)て我身(わがみ)にあてる 先月に続き、『開目鈔』の一節を御紹介します。 『開目鈔』が「人開顕」の書と呼ばれる所以は、日蓮大聖人さまという方がどんな人であるのかということ、すなわち、「閻浮第一の法華経の行者」であり、末法の唱導師たる本化地涌の菩薩であることを説き示された、ということです。 門 ...

続きを読む


日蓮宗聖徒団第57回全国結集身延大会円成

九識霊断法

ひとりで悩み、良い答えが出ましたか?
それは正しい選択ですか?

わたしたちは「九識霊断法くしきれいだんほう」によって示された道で決断します。なぜなら、これからの運命を知ることができ、災難をさけて通れるからです。

さまざまな運命の真相を知り、運命を好転させることができます。

九識霊断法へ

 

九識霊断法を受けられる全国寺院のご案内

困ったとき、迷ったときは九識霊断法を受けてください。日本全国各地で受けられます。お近くの寺院をご紹介いたします。

全国寺院案内へ

 

あなただけを守る不思議なおまもり。
安心な日々を過ごすために。

 

日蓮宗聖徒団全国結集身延大会

全国の聖徒団が

日蓮宗総本山身延山久遠寺へ結集し、

日蓮大聖人さまへご報恩の誠を捧げ、

信仰の新たな誓いを申し上げる一大式典。

身延大会へ

 

聖徒タイムズ

毎月一日に発行される聖徒向けの機関紙。

九識霊断法、倶生霊神符によって救われた聖徒の体験談などを掲載し、信仰の励みになるようわかりやすく解説します。

聖徒タイムズは、九識霊断法を受けられる日蓮宗寺院(聖徒団)で手に取ることができます。

聖徒タイムズへ

 

日蓮宗寺院(聖徒団)へ日頃から参拝する
聖徒様向けの信仰を助ける品々です。

信行用品へ

 

九識霊断法相伝講習会

宗祖日蓮大聖人の抱かれたご理想は
「一天四海皆帰妙法」です。
そのための布教方法が九識霊断法(くしきれいだんほう)であり
守護の証が倶生霊神符(ぐしょうれいじんふ)であります。
霊断師(れいだんし)は混迷する世情の中にお題目の信仰を弘めて迷える人々を幸せに導いていくのです。

相伝受講について

 

会報

日蓮宗霊断師会会員(霊断師)専用のページです。

会報・九識霊断法研究例題・信行用品一覧・必要申請書類・会則並びに規程が掲載されております。

閲覧するにはパスワードが必要です。

霊断師ログイン

error: Content is protected !!

Copyright© 日蓮宗霊断師会-公式サイト , 2022 All Rights Reserved.