聖徒タイムズ 令和6年のタイムズ

聖徒タイムズ第711号(令和6年3月1日(金)発行)

日蓮宗聖徒団第59回全国結集身延大会せまる PDFにて閲覧できます タッチでYouTubeへ 日蓮宗霊断師会 最高顧問・本山本満寺第62世 伊丹日章猊下のご遺徳を偲(しの)ぶ 在りし日の 伊丹日章猊下 本葬参列者が猊下をしのんで焼香 出棺された猊下へ合掌する遺弟と参列者 霊断師会での略歴 聖徒団の息吹を訪ねて 宮崎県立正寺聖徒団 全イス席で現代的な本堂 霊断室でじっくりと話をする恵裕団長 恵王副団長の高座説教に聞き入る聖徒 親子の楽しげな声が響く講座 盛運祈願会 聖徒それぞれの信仰ストーリー 良縁に恵まれ ...

続きを読む

紙上法話

悪魔の正体

バイオリンを弾く青年   創祖行道院日煌聖人が、生前よく話されたエピソードがあります。  青春の日の或る日曜日、難解な哲学書を繙いていると、たまたま隣家の青年がバイオリンを弾くのが聞こえて来ました。耳について邪魔になるので指で耳を塞ぎ、本を読み続けようとしますが、やがて耳鳴りがして耐られなくなり、指を外すとまたバイオリンの音。また指で耳を塞ぎ……と幾度か繰り返して、結局、読書を続けることを断念せざるを得なくなってしまったのだそうです。  創祖は「これこそが悪魔の正体だ」と仰っています。  もちろん隣家の青 ...

続きを読む

聖徒団信仰Q&A

聖徒団信仰Q&A〈第33回〉「お香①」

質問ちゃん問 お香について教えて下さい。(東京都 40代 女性) お答え上人答 法華経法師品には十種供養が説かれます。これは、経巻を仏様のごとく供養する十の方法で、その中に「華香・抹香・塗香・焼香」があげられています。  十の中の四が「香」なのですから、供養の方法として如何に香が重んじられているかを知ることができます。  なお「華香」は生花の香りを供養すること、「抹香」は香木を粉末状にしたもの、「塗香」は香を身体に塗って清めること、「焼香」は香を焚いてする供養のことです。 この他、仏教では一般に、五種供養 ...

続きを読む

令和6年の月訓 首導月訓

首導月訓(令和6年3月)

◆死なない人間はいない。誰でも承知していることである。しかし、死に支度をしている人はほとんどいない。この頃は「終活」などということばもあるが、肝腎なことは置いてけぼりであることが多い。 ◆日蓮大聖人さまは「先づ臨終の事を習ふて後に佗事を習ふべし」(『妙法尼御前御返事』)と仰った。死を考えない人生観は砂上の楼閣である。ではいかにして「臨終の事を習ふ」のか。 ◆死んだ人の姿を見れば、生前の姿はすっかり失われて、土気色をした遺骸があるのみである。外側から死を知見すれば、それが有り体の姿であるけれども、どうにも、 ...

続きを読む

今月の法話 令和6年の法話

今月の法話(令和6年3月)

今(いま)の法華経(ほけきょう)の文字(もんじ)は皆生身(みなしょうしん)の佛(ほとけ)なり。 『法蓮鈔』建治元年4月。聖祖54歳(985頁) 法華経(ほけきょう)の文字(もんじ)は皆生身(みなしょうしん)の佛(ほとけ)  本年一月二十一日、身延山久遠寺の第九十二世法主であられた内野日総猊下が遷化されました。内野猊下は、創祖行道院日煌聖人から直に相伝を受けられた霊断師でもあられました。毎年の聖徒団の全国結集身延大会では、「御経頂戴」の儀をお勤め頂いておりました。謹んで猊下の増道損生をお祈り申し上げます。 ...

続きを読む


日蓮宗聖徒団第58回全国結集身延大会円成

九識霊断法

ひとりで悩み、良い答えが出ましたか?
それは正しい選択ですか?

わたしたちは「九識霊断法くしきれいだんほう」によって示された道で決断します。なぜなら、これからの運命を知ることができ、災難をさけて通れるからです。

さまざまな運命の真相を知り、運命を好転させることができます。

九識霊断法へ

 

九識霊断法を受けられる全国寺院のご案内

困ったとき、迷ったときは九識霊断法を受けてください。日本全国各地で受けられます。お近くの寺院をご紹介いたします。

全国寺院案内へ

 

あなただけを守る不思議なおまもり。
安心な日々を過ごすために。

 

日蓮宗聖徒団全国結集身延大会

全国の聖徒団が

日蓮宗総本山身延山久遠寺へ結集し、

日蓮大聖人さまへご報恩の誠を捧げ、

信仰の新たな誓いを申し上げる一大式典。

身延大会へ

 

聖徒タイムズ

毎月一日に発行される聖徒向けの機関紙。

九識霊断法、倶生霊神符によって救われた聖徒の体験談などを掲載し、信仰の励みになるようわかりやすく解説します。

聖徒タイムズは、九識霊断法を受けられる日蓮宗寺院(聖徒団)で手に取ることができます。

聖徒タイムズへ

 

日蓮宗寺院(聖徒団)へ日頃から参拝する
聖徒様向けの信仰を助ける品々です。

信行用品へ

 

九識霊断法相伝講習会

宗祖日蓮大聖人の抱かれたご理想は
「一天四海皆帰妙法」です。
そのための布教方法が九識霊断法(くしきれいだんほう)であり
守護の証が倶生霊神符(ぐしょうれいじんふ)であります。
霊断師(れいだんし)は混迷する世情の中にお題目の信仰を弘めて迷える人々を幸せに導いていくのです。

相伝受講について

 

会報

日蓮宗霊断師会会員(霊断師)専用のページです。

会報・九識霊断法研究例題・信行用品一覧・必要申請書類・会則並びに規程が掲載されております。

閲覧するにはパスワードが必要です。

霊断師ログイン

error: Content is protected !!

Copyright© 日蓮宗霊断師会-公式サイト , 2024 All Rights Reserved.